「美白のロベカル」は賛否両論でした

あの反応を賛否両論と取るか、こんなアンテナだからTBSのサッカー番組はちっとも良くならないんだろうなということが再確認できます。

バレンシアのアジアツアー

リンク先はバレンシアの優勝後の話題なんですが、最後の行のアジアツアーの話に反応してみます。多分、マドリーがやったようなツアーをやったら二の舞になるでしょうね。
だから僕は日本とか韓国の避暑地みたいなところでのキャンプ込みでのプレシーズンマッチ企画にするべきだと思っています。二週間とか三週間ほど北海道とか沖縄とか、済州島とかでキャンプを張って、週一とか最後の週にまとめて親善試合するというのが一番良いんじゃないかと思うんですけどねえ。
何チームも来るようになれば、(JFAの許可がいるらしいけど)外国チーム同士での試合なんかも組めるかも知れないし、北海道とか宮崎とかのキャンプ地に成り得る施設抱えている自治体と広告代理店が共同で計画したらいいのにと思います。
キャンプ費用はプレシーズンマッチの売上から賄うことが出来れば、チームも自治体の財政的にも潤うし考えてみてもらえないでしょうかねえ。

神戸カラー問題

色々と意見で揃ってきましたが、決定的なご意見をお犬様のところが出してきたのでご紹介、これ決定打でしょう。

オーナーの三木谷だっけ、出身大学の色がこの人のアイデンティティなわけでしょ、社名にするくらいだから。その大学がさ、明日にでもどこかの資本に買い取られて、「キャンパスカラーは明日からうんこ色になります」とか言われたらどうするんだろ。そういう人の気持ちの機微というか、「人にやられて嫌がることはしない」というのは、人間として、基本の基本の基本だと思うんだけどさ、子供の頃、先生とかおかんに散々言われなかったか?
イヌゲノム:神戸カラー問題(長文注意)

まあそんな機微が分かる奴なら、あんなえげつない商売はしないと思うので、僕は『テレビで平気で自分のところでやっているサービスの消費者を小馬鹿にした表現で自分たちの儲けの種ぐらいにしか思っていないような発言を平気で出来る連中』といって、そんな風に言うもんじゃないと叱られたりもしましたが、楽天のサラ金業への参入のタイミングなどを見ても、商売のためになることなら節操がないということはわかりますし、やっぱり一時的な広告、楽天の宣伝効果しか考えていない買収劇だったとぶった切っちゃって良いんじゃないでしょうか?

■逆リンク
日々是精進セピア:前も書きましたが、昔僕は楽天で働いていたことがあって……

僕は以前に楽天の次ぐらいに有名で大きなネットベンチャー企業で働いていた人から、とてもここでは書けないような話しを聞いたことがあります(笑)。内容は上の日々是精進セピアさんで書かれていることと大差ないです(苦笑)。*1
そういう意味では、やっぱり顧客本位の姿勢をいまんところ貫けている「はてな」はやっぱり偉いと思いますね。

*1:まあ雑紙とかネット上にも出ている有名な話しではあるんですが

47氏みせしめ逮捕に関する反応

とりあえずまずは引用四つから。

警官が個人情報漏洩したからには、京都府警はメンツにかけても開発者を逮捕しにかかったのか。当該警官の処分さえ明らかにしていないというのに。仁義と大義なき報復。
わかば日記:◆仁義なきWinny・京都死闘編

逮捕に踏み切ったのは京都府警だが、「ウィニー」を仲介して感染するウイルスにやられた、ということは件の京都府警下鴨署の巡査も私物のパソコンで「ウィニー」を利用していたのだろう。そいつは逮捕したのか?
零細企業経営者の闘魂日記:2004年05月10日

ただし、忘れてはならないのはこれはあくまで「幇助」であり従犯なわけで、正犯(=Winnyを使って違法ファイルをやりとりしてる奴ら)の方が罪が重いわけです。
と言っても、Winnyの利用者は100万人とも言われていて、なかなか特定するのは難しいかと思います。
ということで、とりあえずこいつとかこいつは利用の事実が明るみに出ており、正犯の疑いが非常に濃いので、タイーホ熱烈きぼーぬ。
Starless and Bible Blog:Winny開発者47氏タイーホに思うこと

47氏が本名晒されて逮捕。
でさ、京都府警が必死になった発端の、暇こいてDLしまくった挙句に
キンタマウイルスに引っかかって重要書類ばら撒いた馬鹿警官。
当然彼も逮捕なんだろうな。それとも何もなかったことにする気か。
今回の一連、全体的になんだか矛先がやや間違ってるような気がするんですけど。
Waste of Pops 80s-90s:2004年05月10日

とりあえずこのあたりの真っ当な疑問について、京都府警はどう答えていくのかということと、あと方々で京都府警に対抗する運動考えている人はやっぱりこのあたり徹底的に付いていくべきだろうなあ(笑)。
最初に紹介した『赤尾晃一の知的排泄物処理場(わかば日記)』では上に続く文章のほうもご紹介。

著作権侵害幇助に当たるかという議論も重要だけれど,東京大学大学院情報理工学系研究科の対応こそが重要だろう。学問・研究の自由を侵害していることは明白だからだ。広く流通するソフトウェアの開発を,著作権侵害の使い方が多かったからといって(そうでない使い方に目をつぶり),逮捕されたからといって何らかの処分を下すのだとすれば,製品開発力ある情報技術者養成という研究科の新目標の達成は不可能だろう。
わかば日記:◆仁義なきWinny・京都死闘編

前回の家宅捜索の際には、同様の理由で学内処分はしない警察に抗議すると息巻いていましたが、逮捕実名報道にいたり、どう大学側が出るかは見守りたいです。いや本当に大学側は堂々と渡り合ってほしいですよ。というか渡り合わないんだったら看板外すべきです。
最後にもう一つ。

もう人逮捕すんのに理由なんていらない。法律なんかよりも「逮捕したい」というエゴが優先されるようになった。今回の逮捕ってこうゆうことなんじゃないかと。
確かに極端な考えかもしれないよ。でもあながち外れてるとはもはや思えないんだよな。ここまであからさまにやられちゃうと。なんかもう、いい悪いというよりは純粋に怖い。
それでも明日はやってくる。:2004年5月10日

これは全く同意なんですが、僕が一番不思議なのは、普段あんなに反体制で警察国家反対を叫んでいる人達が、こういうときにちっとも出てこないのかという不思議、いや例えばチカン免罪事件とか交通違反の捏造水増し疑惑とかもそうだけど、こういうことこそが、あの人達が大嫌いな警察国家の第一歩じゃねえの?
もっと分かりやすい形でないと、頭が悪くて気付かないだけなのかも知れないけど、こういうときに出張らないというところを見ると、やっぱり左な人達って心の底から信用できないなと思う次第です。
でもリウイチさんも指摘しているるように、データ共有を前提とした新サービスや分散コンピューティングの時代向けの開発している人にとっては本当に憂鬱な一件だろうなあ、まあでも津田さんが言うようにこれもエキサイティングなことの始まりの前兆かもしれないと、ワクワクしている自分もいるんですが。
やっぱりその前に京都府警みたいな将来的に仮想敵になるかもしれない奴らは、この一件を理由に叩けるんなら叩いといた方が良いかも知れませんが、本当にウェディングの件を持ち出さずとも嫌な組織だよなあ。

■逆リンク
やじうまGUIDEの日記:なぜ警察の横暴に対し、「社会運動家」の人間は無関心なのか?

日本を出て仕事をすると言う事

戸田和幸の家族のサポートと、戸田の家族への思い、そして海外で仕事をし生活するということについて、そして田口壮mail from soも「母の日」の話題についてですが、これはきっち海外で田口を支える奥様のご苦労をコーチの皆さんが分かっているからこそのフォローなんでしょうね。
素晴らしいチームと家族に支えられ、ご自身もそれに応える田口壮、そしてふがいないチームに憤慨しながらも徐々に愛着がわいている、そしてこういう時に『自分のために家族が(オランダに)来てくれて、それで病気になっちゃったから、だから逆に申し訳ない気持ちだった。』という言葉を出せる戸田和幸、二人とも本当に素晴らしい、この二人の海外移籍については色々と言う人も多いですが、僕はこの二人の選択肢は間違ってなかったと思うし、田口壮の今シーズンが、そして戸田和幸の来シーズンが実り多いものであることを心の底からお祈りしたいです。

「このサイトが荒れています」とリンクを張るのはマナー違反

表題の件についてではないんですけど、

1.ますます荒れる危険性がある
2.「善意の書き込み」のせいでますます悪化することがある
PurpleMoon - Online Diary:「このサイトが荒れています」とリンクを張るのはマナー違反

については、BBSなどで何度説明しても理解してくれない人がいるので、凄く良い文章だと思います。僕も誰かもっと説得力ある人が指摘してくれないかなー、と待っていたのですが、僕の場合は待っていたら出てきたというところです(笑)。リンクやトラックバックにまで及ぶというかそちらを本題にして書くというのも思いも寄らなかったので本当に素晴らしいので是非とも原文読んでください。こういうトラブルに悩む人は自分のサイトから読みにいけるようにしても良いかも知れません、それぐらい良くできている文章です。

皇太子さま「雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

何ていうか手つかずの神聖化というのはすればするほど組織は腐るという見本を宮内庁は示してくれています。本当にイヤーなところだよなあ、古墳発掘問題も含めて聡明な今上天皇、皇太子殿下が突っ込んで言質を取ることを希望します。いやでもあの皇太子は本当にちょっと度が過ぎて良い奴だし頭も良いよなあ、ウナギさんがいう男っ前(おっとこまえ)言葉以上に的確な言葉が浮かんでこないです。昔、まだ左寄りだった頃の小林よしのりが『ゴーマニズム宣言』で『会見を見ていたら顔もハンサムに見えてきた』というようなことを言ってたけど、今回の会見も本当に話せば話すほど男っ前を感じさせてくれるものでした。
さすがにあまり踏み込みすぎた発言は皇室の政治干渉になるからアレだけど、せめて身内というか直属である宮内庁に関することについては、多少踏み込んだ発言をしても良いのではないでしょうか?
とりあえずこの嫌な連中については昔なら不敬罪、今の世では人権侵害だと激しく攻撃してやる、皇室に人権はないというのなら不敬罪でも良いけど(笑)。

日本のラーション

どちらかというと、「ヒミツのあっこちゃん」のヨシコちゃんの弟という今週のサカマガの「サッカーの素」の投稿に一票です(笑)。しかし今週号の「オシムどうよ」は名作多すぎ。やっぱりお題が良いとネタも良いねえ……、個人的に今回はまったのは(尊敬を込めて。鹿サポみわ)さんと(ついてくわカシマ)さんのネタ、二つとも鹿サポからのネタでした。あっあとレコバヤシさんの丸2のほう。今週のサカマガは永山邦夫@19歳のグラビアを始め細かいところで多くネタが拾えて楽しいです。

アホか

ラニエリ・コーチの解任により間違いなくファンの怒りをかうと悟ったアブラモヴィッチ・オーナーは、カリャーリに電話してゾラ選手にスタッフ入りをオファー。
0-0 empate

いやホンマにアホか以外の言葉が浮かびません(苦笑)。あんたロンドンに移住するための手みやげとしてチェルシー買ったんでしょ? だったらロンドンの人の反感買うまではいいけど、笑われることはするな(笑)。
別にミキタニビッチみたいに、まだもっと儲けようと思ってないんだったら、余計なことしないで楽しんだ方が良いですよ。

菅直人と小沢一郎

小泉総理の支持率がなぜ50%以上もあるのかを不思議に思う人が多くいるようなんですが、全然不思議じゃないです。皿がいくつかあって一つは「カレー味のうんこ」残りが全部「うんこ味のうんこ」だったらそりゃ誰だって「カレー味のうんこ」を選ぶか、どれも選ばないということになるということだと思います。
ただ菅直人小沢一郎のことを「うんこ味のカレー」だと信じている人は思ったより多くて、『小沢一郎さんの絶望が察せられるね。』という勝谷さんがいれば、『小沢一郎と組んでいる限り政権は難しいんじゃないか。』というウナギさんと真っ二つの意見を読んでなかなか楽しかったのですが、僕はどちらかというと後者かなあと思うんですよね。
僕の周りは結構小沢一郎支持者が多いのですが、僕は正直よく分かんない、というか小沢さんは正直いって小泉さん以上に口だけ番長だと思うというか、ここ10年やってきたことがそれを証明していると思うんですがねえ。
正直、小沢一郎さんという人の自民党体制批判はいくら聞いても白々しい、自民党の象徴だった経世会の番頭だったという事実があり、それを一切総括せずに自民党批判をしている姿は、僕には胡散臭いとしか思えないし、それは決して大義の前の小義などではなし事の本質だと思うのですが……。
前回の選挙で民主党は決して勝っていないと僕も思うし、投票率が伸びたときに躍進するのは民主党ではなく、共産党自民党だと思う、投票率の低下が野党第一党に対する不信のあらわれだということにマスコミ関係者も民主党も気付かないようでは、政権交代なんて絶対にあり得ないです。

開発者が語る著作権

他のエントリーでも話題にしているウナギさんより、はっきりいってほとんどの現場の開発者と実は大部分の経営者も同じ考えだと思うんですけどねえ。現状の著作権制度って本当に本当の一部が潤うためだけの制度だもん。

消費者はソフトが見たい。懐かしい曲が聞きたい、ビデオを見たい。だから交換する。お金の問題よりも欲しいソフトが流通していない事に問題がある。だからディストリビューターに代わって消費者がコンピューターとインターネットを使って流通してあげているのだ。そうして消費者に流通を強いたくせに、そっちが流行ると売上げが減る、と怒り出す。
unagiのネドコ:2004/05/10 (月) 著作権 その2

この問題の本質が詰まっているよなあ、誰か僕の『痛快!明石家電視台』と『お台場明石城』と交換しませんか? という話しだもんね(笑)。一応日本の法律では地域ごとに地上派放送で得られるものに対する地域格差があってはいけないというのが建前なのにねえ。
自社のコンテンツのアーカイヴ化どころか、保存すら行っていないような放送局にとやかく言われたくないという気持ちはみんなあるだろうなあ、なんで『4時ですよ〜だ』のテープを視聴者から借りなきゃ流せないんだよ、とか本当に情けないし、やっぱり言う資格無しとか思ってしまいます。

47氏が見たラジカルな世界

極東ブログさんの昨日の続きです。多少というかまあワザとそういう書き方のような気もしますが、47氏の対応に対する衝撃をいささか取り乱している風の文章になっているところがなかなか事の重大さを示していると思います。
本当にこれが終わりじゃなくて始まりになりそうな予感を多くの人が感じているんだろうなあ、そういう意味で本当の意味でこれから生贄になるのは本当に京都府警の方かも知れないなあ。
だから、最初から逮捕されることを狙っていたと考えると、

あまり検証されてないんだけど、先日のWinnyユーザー逮捕のとき、彼は事情聴取受けてるわけだけど、どうやって身元がばれたのかなぁ。やっぱりジオシティーズにアップするとき、監視カメラのない漫画喫茶とか使わず、自分のISPからアップしてたのかね。頻繁にバージョンアップ繰り返してたから確かに、身元ばれないようにアップロードするのは面倒だったのかもしれないけど、自分のISPや研究室からアップしてたのならあまりにも脇が甘すぎるとしか言えないような……。
音楽配信メモ:特製ウィニーで摘発逃れか 東大助手、受信専用使う

この辺の矛盾も結構分かりやすいかも知れませんが。「自白」も都合良いように作られたり、脅迫的なことされたほうがオイシイぐらいに思ってそう。

全てを失うことで得られるものもある

正直、現状のバレーボール界を見ているとそうとしか思えないときがあります。まあいま全盛期世代の選手にとっては災難だけどねえ、いつか破綻するのは目に見えてるのに予算突っ込んでる特殊法人みたいな現状はやっぱりいま現役の選手のためにも何とかしてあげたいよなあ。

東北社会人2部リーグ グルージャ盛岡、初戦勝つ

ロスタイムに3点取って逆転も凄いけど、それ以上に1500人もの観客動員があったことの方が凄いです。

来年のチャンピオンズリーグはどうなるんだろう

いやファイナルがまだ控えているのにこんなこと言うのもどうかと思うんですけど、『uefa.com』とか『スポーツナビ』とか『0-0 empate』とか『襷の魂』さんとか見ていると、とんでもなく移動の多い夏の移籍市場になりそうじゃないですか、しかもはっきりいって来シーズンチャンピオンズリーグに出るようなチームが刈られるほうのチームになりそうなのが凄く気になります。
シュツットガルトは今シーズンの途中から散々言われていたけども、マイスターシャーレブレーメンだって、監督とアイウトンは既に来シーズンの別のチームでの契約が決まっているし、ミクーだって残留するのは難しそう、シュツットガルトFCポルトアヤックスなんかは本当にどれだけ買われないで済むかだと思うけど、シュツットガルトFCポルトは噂あがってるだけで現在のスタメンの半分+監督がいなくなる可能性がありアヤックスにしてもクーマン強奪を考えている支店があるんだよなあ。
他にドイツでCL圏内狙っているバイエルン・ミュンヘンレバークーゼンにしても来シーズンの陣容が全く読めないし、バイエルンは完全に2006年のドイツでの本大会に向けてドイツ代表をバイエルンに集めるという策が完全に裏目になってるし、薬屋さんもノイビル始め出ていく噂ばかり進行中と、CL予備選からの出場権を獲得しても、新しいチームが出来上がっていなくて、ベルギーやスコットランドチェコ、スイスあたりの強豪チームと当たることになったら、予備選でさようならになってしまう可能性は捨てきれないと思う。
これは他の四大リーグでも予備選からの出場を既に決めているチームが、これまた来シーズンはチームを一から作り直す予定のユベントス、現在進行形でこんな状態が続いているユナイテッド、そしてウリエ体制が続いちゃうリヴァプール、あとスペイン勢もマドリーとバルサの2位3位争いはやっぱり怖いと思うなあ、相手が格下の方が侮ってやっちまうチームな上に、両チームともに再スタートしている可能性あるでしょ? あのフロントじゃあ……。
しかしそんなこといってたらチェルシーは買いまくり、ローマは売りまくりだし、本当に一からチーム作らなくちゃいけないところ多すぎだし、こりゃ来シーズンのチャンピオンズリーグもどえらいことになりそうで楽しみ楽しみ。
本当にまともな戦力でチャンピオンズリーグに望める可能性あるのって、上位チームではACミランアーセナルバレンシアぐらいじゃないの? デポルもこれまた監督以下、ルケとかディエゴ・トリスタンとかアンドラーデなどなどスタメン半分ぐらい狙われてるし、あとはセルティックとベルギー勢、フランス勢かなあ、でもベルギー勢とフランス勢は噂が出てないだけという可能性ありそうですが、セルティックはいまんところラーションだけかな?*1
そう思えばプルソはレンジャーズに決まったけど、デシャン監督以下選手の引き留め工作に乗り出しそうどころか、モリエンテス獲得まで視野に入れだしたASモナコには是非とも現有戦力を監督筆頭に残していく方向を見つけてほしいものです。

*1:それが一番デカイだろうと言われればそれまでですが。

現在のリーガ・エスパニョーラ順位表

セルタはギリギリで残りそうなのはめでたいことなんだけど、今シーズンはUEFAカップ争いですよ、なんですかこの魅惑的な6位あたりに勝ち点3前後で並んでいる皆様方は(笑)、アスレチックにアトレチコセヴィージャ、マラガ、うーんみんな香しいです(笑)。まあ普通にこのままアスレチック・ビルバオアトレチコ・マドリードで全然構わないのですが、アトレチコは噂があるエトー取りを実現してほしいなあ。

磐田、ACL全北現代戦に総力戦で臨む

勝てばタイのアウェー戦は主力をほぼ全員休ませることが出来る上に、若い選手の経験の場に出来るんですから、そういう意味でも是非とも勝ちたいなあ、しかし福西と名波がいないとJリーグの次節の心配ばかりしていましたが、こっちも服部と西がいないのねん。田中誠には無理をしてほしくないしなあ。

市原オシム監督長男がサテライト監督

親子萌えの気がある方、もしくは既にオシム萌えの方はとっても危険な写真がありますので、気合いを入れてリンク先に飛んでください(笑)。いやあ武親子並にそっくり親子です(笑)。本当に顔も体格も姿勢もそっくり過ぎますよ!!
どうかジェフからお父様を代表に頂くためにも(笑)、息子さんの手腕にも期待したいところです。これでオシムスコが素晴らしかったら市原はあと20年は監督困らないなあ、なんてたっていま36歳だもんなあ、いい仕事が出来ればキャリアアップは望まないところまでオヤジ似であるとしてですが。

ほったらかし気味のこの話題

kasatoreの日記:最近はそうなの?
m-waniの日記〜ワニ思う、故にワニあり。:最近の競馬ファンかなあ? id:toroneiさん
GREEN FIELDから:[最近の競馬ファン]
UltimateAnalysis:えっ?
ミッドナイト・ラン〜1日1がっつき!〜:世代別ファンの違い。
天空橋激論交差点:競馬とファンとの関係
BLOOD DESSERT:俺の競馬歴は変なのだろうなぁ
〜ものかきの繰り言2004〜:ちょっと気になる話
Show the Black Flag
If You Wanna It ...:競馬について振り返ってみる
屑日記エターナル (by まよねこ):いや大したことは書かないのですが…競馬ファンと競馬ゲーム?
うらがわ 5月7日(金)+8日(土)
殿下執務室:競馬における進歩史観
〜ものかきの繰り言2004〜:ちょっと気になる話・2
kasatoreの日記:競馬ファン・ジェネレーション問題?とは全く関係無い私的な…
屑日記エターナル (by まよねこ):続・ジェネレーション問題(仮称)
m-waniの日記〜ワニ思う、故にワニあり。:論点整理(メモ的)
fool’s suite:競馬ファン・ジェネレーション問題(仮)
If You Wanna It ...:NHKマイルカップ終了後、思うこと
こっしーの「七人の酒無頼」:競馬に冠する雑言

帰ってきて疲れてなかったらこの話題にいきます……ごめんなさい疲れてました_| ̄|○、一つぐらいは何とか話せるようにします。

キサスキサスキサス、25連勝ならず

せっかく話題になった矢先にこれというのは、ぶち壊しなのか、それともある意味空気読めているのかどっちなんだろう。とりあえず八百長でもなければ、弱メン連勝狙いでないことが証明されて良かったと言うことで。

新阪急ホテルから阪急三番街から32番街、そして新梅田食堂街

というあたりをうろうろしていました。基本的にお仕事のお話し外出、しかし梅田は年間数回しか行かないから、本当に分かんなかった。でも『ノックは無用』でお馴染みの『フォンテーヌ』が三番街にあるのに始めて気が付いた(笑)。
しかし梅田への行き帰りだけでこんなに弱るな自分(笑)、まだ体調そんなには良くなかったかなあ、寝よ寝よ。どうせはてなも重くなるから肝心の件も更新できないし(笑)。

お買い物

阪急32番街(梅田阪急グランドビル)紀伊国屋オタク支店こと紀伊國屋書店阪急32番街店コミックハウスでお買い物。以下、四点。
『よつばと!(2)』『太陽の黙示録(5)』『殷周伝説(13)』『あずみ(32)』本当は『よつばと!(2)』だけのつもりだったけど、新刊が出てたからなあ……、書評というか感想文は他のが済んで追いついたらやります。
一通り帰りの電車で読んだんだけど、『よつばと!』だけは電車で大笑いを堪えきれなかったので家に帰るまで我慢しました。あと僕がメルマガ一緒にやってる友達は『よつばと!』というタイトルの意味が最近ようやく分かったらしい遅いよ。

今月のMAIN

今月(2004年6月号)のMAINの表紙を見て、一瞬立ち止まらなかった男とは、一生、女性に対する感覚については分かり合えないと、コンビニ、書店、スーパーの雑紙コーナーの前を通る度に確信し続けています。こんな言葉で締めるとともに、賛同者お待ちしています(笑)。
いや僕も買いそうになってましたからご安心ください(笑)。