2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 グループB第2節「アルゼンチン vs 韓国」

「オランダ戦のシミュレーション」南アフリカ・ワールドカップ グループB アルゼンチン-韓国(4-1)

本大会の大虐殺の被害者はオーストラリアの次は韓国とか、アジア涙目過ぎる状況ですが、韓国はギリシャ相手の完勝となった試合を受けて、自身なのか慢心なのか分かりませんが、おそらくナイジェリア相手に勝ち点3を取れる自信もあってか、アルゼンチンに正々堂々ぶつかって、物凄い返り討ちにあってしまいましたが、韓国は前回大会のフランス戦といい、このアルゼンチン戦と良い、負けて糧となる良い試合に当たることが多くて、その点が非常に羨ましいです。
しかし何度も書いてるけど、スカパーの中継では相変わらず、日本のスタジオの司会している野々村芳和と、グラスゴーオシムと千田通訳の絡みの相性が悪すぎる。通訳を挟んでる上に、中継先とのやり取りなんだから、相手が訳している途中から、どんどん遮って次の質問に行くのは、相手も聞いてる方もストレスが溜まる。確かにオシムは話が長いし、通訳の人も訳すのが大変な言葉遣いのようですが、それにしては自分のペースで進めすぎでしょう。
あと野々村さんは、オシムの主張に対してかなり納得していないことも多そうなんですが、それならそれで自分の言葉で反論すればいいのに、茶化したり話をそらして終わらせようとしたり、他の評論家やゲストに反論を言わせようと水を向ける、といったことが多すぎる。そこは野々村さんだってコーチライセンスを持っていて、指導もしていれば、プロの評論家として活動しているんだから、自分の言葉で反論するか、それが出来ないのなら、淡々と司会に徹するべきじゃないでしょうか?
オシムが大事な話をしだしてるのに、その内容を理解できずに話をぶった切ったり、自分の意見を先に言って、賛同の言葉を誘導取ろうとしたり、日本人同士でなら気にならなかったけど、オシムや愛媛の監督とのやり取りを見ていると、野々村の誘導的なやり取りの仕方が凄い目に付いた。今日もオシムの話で、他のゲスト解説者は理解できてる話を、野々村だけが理解できずに引っ張ろうとして、オシムにスルーされていたけど、そういう理解力の低さから、やり取りがチグハグになっているところが目立っている。話のレベルが高くなると、明らかに話題についていけてない。
Jリーグ解説しているときは、あの自重しない性格が、身内のかばい合いになりがちな日本のスポーツ中継や解説番組では、風穴を大きく開ける存在として、野々村芳和は得難い存在だけど、W杯レベルの試合解説や試合分析や外国人や大物ゲストとのやり取りに関してはかなり今回の中継で疑問が付いた。特にハーフタイムとか、ドローになった試合において、「○○のほうが優勢でしたね」といったときに、ゲストや他の解説者の同意が貰えてないケースが結構多い。
どうしてここまで野々村批判をするかというと、やっぱり今回のオシムと播戸を変な絡みに持っていった、野々村芳和はやっぱり許させないんですよ。

アルゼンチン4−1韓国 | 『オシムの伝言』公式ブログ

ところが、播戸選手、本番ではオシムさんに「お説教」されるはめに。
「播戸が今日のテベスを良かったと思っているなら、そのせいで、そこ(南アのスタジアムではなく東京のスタジオ)にいるのでは?」
バンちゃん、かなりへこんでたみたいですが、本番終了後、関係者に聞いたら、播戸選手はテベスの全部をほめたかったわけではなく、取り上げたビデオで、「テベスが後方からのパスをコントロールして前を向いたプレー」がよかった、と、いいたかったのだとか。たしかにトラップから反転まではすばらしいプレーでしたが、そのあと強引に突破をこころみた場面まで映っていたので、オシムさんは「バンドは、テベスの強引な突破が良いと思ったようだ」と思ったようだ、というような話になってしまったわけでした。

このやり取りは、明らかに野々村が変な風に伝えたから、こういうちぐはぐなやり取りになったよなあ。というか自分がオシムに反論できないから、播戸がオシムと違う意見ですよ、みたいな感じに持っていったのは、すげえ嫌らしく感じました。全体的に野々村さんの司会や解説が拙いとかいうよりは、人柄が良くないような印象を受けることが、今回のワールドカップ中継では多いです。
あっでもチェ・ソンヨンが、播戸より日本語が巧いというのは、その通りだと思いましたが(笑)。チェ・ソンヨンは日本語も堪能だし、今回の解説も深い所に話がいって、鳥栖ユン・ジョンファンみたいに、将来は日本でコーチングライセンス取ることになったら面白い存在になりそうです。
しかし勘違いから積極食らうことになったけど、オシムと播戸のやり取りは良かったし、オシムはいまでも播戸のことを、「日本のオーウェンになれる選手」と言ってくれてるんだから、もう一つ上のレベルで戦う選手に、播戸にはなってもらいたいです。

韓国およめいり韓国およめいり
阿部美穂子 原なおこ

阿部美穂子のサランヘヨ!韓国語 ソウルで新婚生活。―新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし 韓国 幸せごはん 知れば知るほど理解が深まる「日本人と韓国人」なるほど事典―衣食住、言葉のニュアンスから人づきあいの習慣まで (PHP文庫) ソウルで結婚生活7年目

by G-Tools