コメント欄で一番鬱陶しいのは悪意ではなく善意

なんか最近またブログ作法的なネタが活性化してますね。

コメント欄を閉じているのがヘタレだという考え方が心底分からない - ハックルベリーに会いに行く

別に「ヘタレ」と思っても良いんだけど、この考え方の人って他人にその考え方を、どうも押し付ける傾向があるのがずっと嫌だった(笑)。そもそもブログ作法みたいな話になると、自分の価値観とか、自分の常識としているコミュニティの作法を絶対正義的に押し付けて、相手を罵倒しているのを度々お見かけするのは、理解の範疇を超えているんですよね。あとこういうブログ作法とか、Webコミュニケーションの話になると、途端に嬉しそうに出てくる連中とかも、そもそも自分の理解を超えている所にいる人たちだったりします。
しかし例えばブクマで「コメント欄を閉じるのは、反論を受け付けないことだ」と言ってる人の、ブクマコメやタグが「死ね」だ「バカ」だで埋め尽くされているのを見ると、無礼・非礼な奴との接触を避けたいという思いで、コメント欄を閉じるというのは、やっぱり僕には普通のことに思えてしまう。反論がウザイのではなく、お前という人間がウザイんだよ、頼むから気付いてくれと何度思ったことか(笑)、ということを思い出させたのがこのエントリーを受けてのブログです。

私がコメント欄を閉じたわけ:アホ理系青年の主張/窓野マサミ・非公式Blog:

理由は何? と聞かれると、なんだか、自分語りしちゃう人が出てきちゃったからだ。

そうなんですよねえ、これが案外タチが悪いんですよ、ストレートに悪意を向けてくる人のコメントとかは、こっちも黙殺するなり、コメント削除するなり、アク禁にするなりとか、あっさりとした対応が出来るんですよ、それで裏で何言われても知ったこっちゃないという態度を、しっかりと取れば良いんだから、ただ「善意の一人語り」みたいなのは対応が難しいんですよね、結局僕がコメント欄を停止したのも、薄い繋がりがあった某はてなにもブログ持ってる人が、色々と僕のブログエントリーに託けて、自分語りをコメント欄でされるようになって、こっちがそういうのは止めてくれという返事したら、僕が行動ではなく本論に対して否定してきたと勘違いしたのかな? 延々と続けられたのが、もう決定的に面倒くさくなってしまった(笑)。その人はその後に僕から切られた理由が分からないみたいで、的はずれな泣き言をブログに書いていましたが(僕のことを粘着しているブブクマの人たちじゃないですよ)、はっきりいって批判や罵倒してくる人より、こういう自分語り系の人の方が窓野さんも書いているように怖い(笑)。

ブログ管理者側からすると、自分語り系の立ち位置がさっぱり理解できない分、より恐怖を感じるのである。ひょっとしたら、突然、逆恨み的な意味で牙をむいて襲ってくるのではないかとすら、思ったのだ。

この辺の感情というのがブログとかやっていない人で理解出来ない、というのは「お前もやって見ろ」と言いたくなるし、「いやオレも自分のブログやっているよ」という人には、「貴方の常識と僕たちの常識は違う」という事ははっきりと言っておきたい。自分ルールを他人や世間に押し付けないで貰いたい。だから例えば大石英司のブログのコメント欄対応が、少し前に物議になったけど、分かりやすい言いがかりよりも、ああいうコメントの方が危険な匂い感じる大石先生の気持ちは凄い分かるのよね。
あとはてなブックマークに関連して何ですが、「死ね」だの「バカ」だのいうワードが入ったタグ使っている人は、何も考えずにどんどん非表示にした方が、絶対に精神衛生的に良いと思います。というかね、コメント欄だろうが、ブクマだろうが、そんな言葉を他者に対して簡単に使う人間の言葉なんて、普通に一般社会で過ごしていたら聞きますか?という話です。

まにあっくすZ Gackt「誹謗、中傷したいなら2ちゃんにいけ」 …ファンたちのコメントに怒る

実社会の中で顔を見合わせながら話をしていても、たとえそれが事実だったとしても言い方や、伝え方一つで、相手と喧嘩になることだって多々ある。顔が見えない場所ならなおさらこういうことって起きやすいんだ。

これ三行にするという感じで短くしたら、要するに「人に面と向かって言えないことは、ネットを通じても言っちゃダメ、真っ当すぎる。」ということでしょ? なんでこんな当たり前のことが金言に聞こえるのか、というのが今のネットを一部の人達が荒廃させている証拠だと思う。他人に対して「死ね」なんて言っちゃダメでしょ? だからネット通してもダメなんだよ、という当たり前のことが当たり前になっていないんだから、そりゃコメント欄を閉じる人もいるという分かりやすい話だと思う。
Gacktさんは“思いやり”という優しい言葉で締めているけど、言葉遣いや他人に対する礼を知らない人間に対して、玄関の戸を開けておくようなことをしないということですよ、まあブログや個人サイトを他人の家や部屋、というイメージが出来ない人も多いんだろうから、それはもう仕方ないと諦めるしかないのでしょうが。こっちもそこまで押し付けたくないし、説得するのも面倒だ、だからお互い関わり合いにならないようにしましょう。というのがコメント欄を閉じる理由じゃダメなの?(笑)
だってオレ絶対にやだもん、初めて会った人に対して「死ね」だの「バカ」だの「頭が悪い」だの罵倒する奴と、喋るのも、相席するのも、ご免被りたいですよ(笑)。ネットは他人に対して、実生活では決して出来ない言葉遣いをしても良い場所にしないことを、まず考えるべきじゃないのかなあ? 僕にはこの件では、コミュニケーションを求めている人の一部に、コミュニケーションが破綻している人が多くいる、「コメント欄は閉じるな」と言ってる人が、「死ね」だの「バカ」だの多用しているのを見ると、「いやそりゃ閉じるだろ(笑)」って思ってしまう。こんな奴に書き込まれたら嫌だもん。
あんまりこの手の記事で、不必要にブクマ稼ぎたくないんだけど、この手の話は近いうちに一切書かないモードに入ろうと思ってるので、今の内に言いっぱなしにしておきます(笑)。というかどうして自分はこの手のエントリーが嫌いな人が、一番嫌いそうな文言を選んで、締めの言葉にしちゃうかねえ……。タイトルの釣りは伝わるけれど、文中の釣りは本気にされちゃうんだから……。
最後に分かる人だけ分かればいい、この記事の関連アフィ(笑)。

ソード・ワールドRPGリプレイ・アンソロジー デーモン・アゲイン (ドラゴンブック)ソード・ワールドRPGリプレイ・アンソロジー デーモン・アゲイン (ドラゴンブック)
中村 博文 浜田 よしかづ

新ソード・ワールドRPGリプレイ集NEXT(7) レイド・レボルト スカイ・ステージ―新ソード・ワールドRPGリプレイ集NEXT〈8〉 (富士見ドラゴンブック) 猫の手冒険隊、集結!―ソード・ワールドRPGリプレイ集×S〈1〉 (富士見ドラゴンブック) 新ソード・ワールドRPGリプレイ集(10)  名乗れ! 今こそ大英雄 (ドラゴンブック) 新ソード・ワールドRPGリプレイ集NEXT(4)  ファンドリア・ファンクション (ドラゴンブック)

by G-Tools