今日見たバラエティ番組

いつも話題にはしていませんが、最近は「うたばん」は月一回は見てます、「とんねるずのみなさんのおかげでした」は基本的に在宅していたら確実に見ています。とんねるずの大御所としての安定感は、過去の大御所お笑いタレントにも無かったものだと思う、「BIG3」の頃のタモリ、たけし、さんまでもここまでは無かったと思う。
爆笑オンエアバトル」はオンエアされた顔ぶれや点数がいまいちな感じだったので、関西では時間帯がずれて裏番組になる「アメトーーク」を見ていましたが、今日の特集は「サンミュージック特集」でしたが、スカイプで話しながら友人と見ていたのですが、鳥居みゆきが最初にネットで有名になった元々のきっかけが、カンニング竹山との「GyaO」の番組での絡みだったから、当然と言えば当然なんですが、竹山と鳥居みゆきの絡みは安定感と爆発力の兼ね揃え方は尋常ではないと、二人で感心しながら見ていましたが、最後のホトちゃんと鳥居みゆきを個室に入れたのは参りましたね、蛍原徹のああいう一面というのは、当然天素世代として僕は知ってはいたけど、忘れるぐらい見る機会が無くなっていただけに、ホトちゃんのああいう面を引き出してくれた、この一点だけであの企画は大成功ですよ(笑)。
お笑いコンビが司会をするときは、ボケが自由なポジションで、ツッコミが進行役というのは常識だけど、雨上がり決死隊よゐこみたいに、宮迫さんが仕切って、蛍原さんはフリーに動かした方が爆発力が出るような気がする。というか蛍原さんが自由にさせた方が面白いように、宮迫さんは自由なポジションにすると、気性的なアクの強さが勝つときがあるから、縛りがある中の方が面白いような気がしています。
来週は「バンドブーム芸人特集」ということで、土田、品川、ヒデが揃い踏みかー、見ないの決定(笑)。
しかしどうしてサンミュージックの芸人の一覧のパネルに、さくらんぼブービーが入っていなかったんだろう?