韓国競馬で活躍を始めた日本関連馬達だが

日本からの持ち込み馬が韓国産古馬牝馬の頂点に! : 馬市ドットコム

日本産馬がついに韓国競馬で重賞初制覇、さらに持込の父アジュディケーティング、母父ダンサーズイメージという血統馬が活躍しているのはめでたいことですが、やはり外国産馬持込馬が出れる大レースは相当少ないようですし、価格帯的にコスモバルクインパーフェクトのような馬が行くこともあることを考えると、そういう馬は日本におけるマルゼンスキーのような悲劇を味わうのかも知れませんが、実質的には将来の繁殖馬としての期待も大きいんでしょうね。
しかし後の記事に持込馬は重賞に出れないというのは、牝馬限定の重賞という意味で良いんですよね? 外国産馬が出れる重賞があるのに、持込馬は出られないというのは少し変だと思ったのですが、牡馬相手の重賞にとあるので、そういう理解でよろしいでしょうか?