ツール・ド・フランス2006プレゼンテーション コース詳細「クラシックなコース。勝負どころはアルプスと個人TT」

とりあえず中央山塊を使わないこと、チームTTが無いこと、個人TTが三回あるというのが注目点ですか、序盤のオランダやベルギーを通る道のりでは、北のクラシックでお馴染みの石畳や激坂を通るとか、ラルプデュエズが今年あるとか、こうやってコースが発表されると主催者に対してどんなにムカついても楽しみな気持ちが抑えられないです。しかしチームTTがないという発表で、みんなオレンジのチームに結びつけすぎ(笑)。いや僕もすぐにあのチーム連想したけどさあ(笑)。
CyclingTime.com